20代でシミが発生

顔の頬上部にシミが広がるようになってきたのが20代後半からでした。

 

学生の頃も薄いシミ・そばかすが出来ていましたが、メイクで隠せる範囲内だったのでそこまで気にしていませんでした。

 

ところが、きちんと対策をしていなかったのが悪かったのか、27歳くらいになるとメイクでも隠しきれないシミが増えるようになりました。

 

夏場など紫外線の多い季節でも特に日傘をさしたり、日焼け止めをこまめに塗ったりしなかったのがいけなかったのかもしれません。

 

顔全体がシミのせいで暗い老けた印象になってしまい、ファンデーションを塗り込んで厚化粧になるのが悩みでした。

 

まさか一生もののシミが20代でできてしまうなんて想像もしていなかったので、何をしていいのかもわからなかったし、思いつくのは美容皮膚科などで高額なレーザー治療をするくらいでした。

 

ただし、そんなお金もないので本当に悩んでいました。

ビタミンC誘導体で美白ケア

悩んではいたものの、対策の仕方がわからなかったので、ただひたすらシミをメイクで隠そうと頑張っていました。

 

しかし、隠すことだけでは根本の原因に対処しているわけではないので、きちんとしたスキンケアで少しでも薄くしたいと思うようになりました。

 

そこで、どんなコスメが良いのかと調べてみると、やっぱりシミには美白効果のあるものがいいとのことでした。

 

今まではそれほどコスメにこだわりがなかったのですが、基礎化粧品はすべて「薬用美白」と記載のあるものに変えました。

 

今までは化粧水と乳液だけのシンプルケアですませていましたが、シミに部分的に塗るタイプのビタミンC誘導体を含んだ美白美容液を化粧水後に塗るようにしました。

 

美白効果のある成分って本当にたくさんの種類があるのですが、厚生労働省が美白成分として認可しているものがあって、その中でも美白効果に加えて皮脂や炎症を抑えてくれる作用のあるビタミンC誘導体を選びました。

 

ちょっと刺激が強いので、肌質によっては合わないこともあるようですが、私には特に刺激は感じられませんでした。

 

毎日、朝晩のスキンケアでしっかりと使用しました。

 

最初はあまり効果を感じず、もう手遅れかとあきらめておりましたが、3カ月くらいたったときに鏡を見てシミが徐々に薄くなってきていることに気づきました。

 

美白美容液を塗るときに指先でよく塗り込むようにしたのがよかったのかもしれません。

 

これからも続けてさらに薄くしたいです。

メニュー