年齢を重ねると肌にはさまざまな変化が起こります

まだまだ若いと心の中では思っていても、肌の変化という現実に勝てなくなってくると、年をとったことを実感してしまうことがあります。

もう老化だけはどうしても避けられないものなので、悲しいですが変化していくことをしっかりと認めて正しいケアをしていく必要があるのです。

私は20代の頃までは本当にお肌のことに関しては無頓着で、洗顔をした後に面倒な時や化粧水が切らしているときであれば、平然と何もつけづに過ごしていました。

若さのせいなのか、そんな状態でもたまに肌が乾燥するような感じがするだけで、これといったトラブルもありませんでした。

しかし、30代になって出産を経験した後くらいになって、急にお肌が変化してしまったように感じるようになりました。

今までずっと使っていた化粧水を付けているのに、入浴後数時間すると顔がカピカピになってきてしまうのです。

まだ、どういうわけかこの頃からニキビができるようにもなってしまいました。

10代のころには全然なかったのにどうしてなのかとても不思議でしたが、いろいろ調べてみると老化によって肌の代謝が落ちて、毛穴が詰まりやすくなっているためであることがわかりました。

このように、30代頃からどうしてもお肌の調子に変化がでてくるものです。

そのため、もう若くはないということをしっかりと自覚して、できるだけ自分の肌の状態に合わせて早いうちからお肌を修復するようなスキンケアを取り入れていくことが、これから10年後、20年後にキレイでいるためには必要不可欠なのです。

紫外線によるダメージが表面化

加齢よってでてくる肌の症状として有名なのは、シミやシワ、乾燥といったところでしょう。

そして、これらの肌老化の症状のほとんどが紫外線の影響によって長年のダメージが積み上がって表面化されたものなのです。

特に学生時代に屋外で行う部活動に入っていた方は注意です。

私はテニス部だったので、昔の写真をみると笑っちゃうくらい真っ黒に日焼けをしていました。

当時は、今のように紫外線が体に悪いという認識がそれほど広まっていなかったため、日焼け止めなんて一部の人(赤くなっちゃうタイプの人)だけが使うようなイメージさえありました。

紫外線は肌を黒くするだけでなく、細胞のDNAにまでダメージを与えるため一生ものになりやすいのです。

DNA情報というのは細胞が分裂して新しくなっても引き継ぐものであるため、シミなどとして残り続けてしまうのです。

このように、若い頃から蓄積が現れ始めることも多いため、今後の事を考えると、今すぐにでもエイジングケアなどをしっかりと摂りいれていくことが大切になってくるのです。

メニュー